無線LANはこうあるべきだよね

Amazonは速い

早速、新しい無線LAN親機が到着しました。
ルーターはIPoE+DS-LiteなWXR-1900DHP2に任せる必要があるので、新入りのWF1200HP2にはブリッジモードで動作してもらいましょう。

設定はかんたん

スイッチをブリッジモードにして、1900DHP2と1200HP2(名前似てますね)をLANケーブルで繋いで、電源オンしたらそのまま使えました。
そのままだとご近所で人気のAtermとややこしいので、SSIDを我が家独自に設定してからステルスに。

設定画面だけかな

設定画面の使い勝手はバッファローの勝ちかな。
それ以外は、NECの勝ち。
バッファローさん、それってどうなの?(笑)

気になる通信の具合は、

mt-20161030144032.jpg

こんな感じで、波形がすごく安定してて、あぁ無線LANはこうあるべきだよなーと思う。
スピードは十分出てるし、これで!!!big-hammer!!!の様な症状が起こらなければ、一連の騒動は解決ですね。

前へ

家庭内LANにて悪戦苦闘

次へ

山中家MVNO計画:17【パパの携帯もIIJmioに】