お正月早々、大変みたいですね

fgo2018.png

FGOで最初のお正月

2017年夏の水着イベントあたりからFGOを始めたので、初めてのお正月を迎えるのぶおパパです。
で、お正月には福袋とやらがあるらしいので、初課金しても良いかと考えていた訳です。
何せ、未だに星5サーバントがおりませんのでね。

どうも、大きなトラブルらしい

で、大晦日から日付変更線を超えてログインしてみたときは、「混んでます」「混んでます」と言われて断念。
でも、致命的な落ち方はせず、単純にサーバが混雑しているから接続が確保できないというエラーのルートに入って、きちんと処理されていました。

朝起きて、8時頃だったかにつないでみたらつながったので、「よーし、お雑煮食べたら遊ぶぞー」と思っていたら、8:35から緊急メンテに入りました。

まあ、これだけの人気でユーザー数も多くなったゲームを、さくさく処理するサーバ設備って大変なんだろうなとは思うので、多少重くても、接続できない時があっても、まぁそんなものだと理解しています。

ところが、公式サイトのメンテナンスのところを見ると、1:58からも緊急メンテが行われていたようです。
(私は寝ていましたけど)

1:58からの緊急メンテは、過負荷が原因のサーバ障害で、なんと141アカウントのデータが影響を受けたらしい。
それについては、8:35のメンテが始まった今でもデータが復旧できたとは書かれていないので、かなりやばい状況なのではないだろうか?と思われる。
141アカウントのデータが無事復旧できることを、お祈りしております。

ゲームを提供する側は

これだけの規模のユーザーがいるゲームを、無事に快適に運営していこうと思ったら、かなりの設備が必要だと思います。
サーバの処理能力はもちろん、通信回線の速度、負荷分散装置の適切な配置、バックアップの確保、電力の安定供給や空調、ハードウェアの故障に備えた多重化などなど。
「たかがゲームでしょ?」と言えば、まぁそうなんですけど。
基本無料で遊べるとはいえ、アプリ内課金もあるわけで、課金の多少に関係なく、キャラクターのデータには育てた時間がかかっています。
「1,100万ダウンロード!」は素晴らしいけれど、それに見合った設備と運用体制がとれているのか。
ちょっと、心配になりますね。

メンテナンスで遊べなかったのは、ファンなら待ってくれますけど、「ごめーん、データ消えちゃったー。てへぺろ」ではすまないよなー、と思う次第。
だって、データ消えたらお詫びに石もらってもしょうがないよね。

繰り返しますが、どうか1件もデータが失われませんように…

(2018/01/02 追記)

どうも、141名の受けた影響っていうのは、1人1回のはずの福袋ガチャが複数回出来ちゃったという事なので、まあデータがまっさらになっちゃったとかではない様子。
無理にデータを戻さなくても、他の人も複数回引かせてあげるという手もあるけど、さすがにそれはしないのね(笑)
141人のガチャを無かったことにする方が影響が狭い範囲だと判断したのはわからなくないけど、例えば複数回というのが2回って話なら、そのままにしてみんな2回出来るようにするのも手だよね。
一度引いた星5が変わるかもしれないってのは、狭い範囲でも傷が深い。
逆に何千万人か知らないけど、もう1回出来るってのは、影響範囲広いけど、誰も傷つかないよね。

前へ

2018年、あけましておめでとうございます

次へ

2018年新春福袋ガチャを回しました