IIJmioひかりの速度問題の続き

IPoEオプションを契約しました

NTTとIIJの間にボトルネックがあるって話で、IPoEオプションを契約するとそのボトルネックをバイパス出来るって話なんです。
なので、わざわざ無線LANルーターを新調して、DS-Lite接続対応のバッファロー WXR-1900DHP2にしました。
メールの受信やWeb閲覧が遅いくらいならまぁ良いんですけど(良くないけど)、アプリのダウンロードとかLTEの方が圧倒的に速いとか、光ファイバー敷設してる意味ないですからね。

ところが

確かに、上りに関しては圧倒的に速くなりました。数十Mだったのが数百Mになったわけで、約1桁速くなりました。
これは、すごいことです。
一部は、無線LANルータの性能アップも影響していますけどね。

しかし、下りは一向に速くなりません。
IIJのIPv6スピードテストで測っても、一番良いときで50Mくらい。
しかも、最近では「混雑しています」の一点張りで、測らせてもくれません。

ここでは、Radish Network Speed Testingを使った計測結果を貼っておきますね。

=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
使用回線:IIJmioひかり
プロバイダ:IIJmio
測定地:京都府京都市山科区
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:標準
下り回線
 速度:1.147Mbps (143.4kByte/sec) 測定品質:69.1
上り回線
 速度:442.7Mbps (55.34MByte/sec) 測定品質:97.3
測定者ホスト:198.238.69.115.shared.user.transix.jp
測定サーバー:大阪-新町
測定時刻:2016/10/2(Sun) 22:16
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================
=== Radish Network Speed Testing Ver.3.2.2 - Test Report ===
使用回線:IIJmioひかり
プロバイダ:IIJmio
測定地:京都府京都市山科区
------------------------------------------------------------
測定条件
 精度:高 データタイプ:標準
下り回線
 速度:790.9kbps (98.86kByte/sec) 測定品質:72.7
上り回線
 速度:272.3Mbps (34.03MByte/sec) 測定品質:95.5
測定者ホスト:198.238.69.115.shared.user.transix.jp
測定サーバー:東京-WebARENA
測定時刻:2016/10/2(Sun) 22:21
------------------------------------------------------------
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/
============================================================

測定ホストが transix.jpになってるので、DS-Lite経由で通信しているのは間違いないと思います。
NTT道路が混んでるからIIJ有料道路に行ったのに、そっちも渋滞してた・・・ってことかな。

IIJmioひかり+IPoE+DS-Liteでボトルネック回避ってのは、必ずしもうまくいくとは限らないって事を証明してしまったのかな?
そんなの、証明したくなかったよ・・・

近いうちに、技術のIIJさんの事なので、この問題を解決してくれると信じて。

追記

HGWにMacを直結して、NTT西日本のNGNサービス情報サイトにあるフレッツ速度測定サイトで測ってみたら、500M前後の速度が出ています。
ってことは、やはり原因はIIJさんの中にあるんじゃないかな?って事ですね。
原因を特定して改善出来るのであれば、協力は惜しみませんので、IIJさん、よろしくお願いします!!

前へ

新しいBluetoothヘッドセットが欲しい病

次へ

2016/10/03 野菜たっぷりちゃんぽん@リンガーハット 高槻上牧店