iPhone 6 Plus から iPhone 7 Plus になってみて

iOS10について

iPhone 6 Plus(以下6+)の頃から、iOS10の公開β版を入れていたので、iPhone 7 Plus(以下7+)になったからどーのこーのと言う感じではないです。
過去にも新機種の発表と合わせてOSのメジャーバージョンアップがされた事はあるし、その時も基本的には前の機械で新OSにして置いてから、その状態で新しい機械を使い始める様にして来ました。
だから、公開β版がなくてもiOS10の公開と同時に6+をアップデートして、そのパックアップから7+をスタートしたと思います。

ハードもソフトも同時に変わるのは、別々に変わるよりリスキーな気がする。
それだけなんですけどね。

iOS10は、私にとってはそんなにびっくりする変化ではないけど、色々細かいところが変わってる様です。

7+になってみて

やはり、処理能力が速くなっているんだなと思うところはあります。
サクサク感がある。

あと、これは私の場合だけなんだけど、6+がスペースグレーで7+がゴールドなので、画面の周りが黒から白に変わったから、今まで見ていた画面と解像度というか何というかが違う気がします。
もちろん、目の錯覚なんですけどね。

今後、Apple Payが始まると、また色々有るんだろうなぁ。
格安SIMって言われるMVNO各社の「出来なくなる事」の所に「おサイフケータイ」が書かれてるんだけど、Appleが提供するなら回線は関係ないのかな?
私は今回SoftBankの6+からSIMロックフリーの7+にして、いずれ11月からの契約更新期間になったらMNPで移籍する計画なので、その辺りはまたその時に。

なんにせよ

新しいのは、いいわー

前へ

iPhone 7 Plus になりました

次へ

IIJmioひかりの速度問題