会社のお風呂問題

うちはタクシー会社なので、勤務時間が早朝だったり深夜だったりする人も多い。
会社の寮に住んでいる人も多い。
で、寮の部屋にはお風呂がないかわりに、会社にお風呂がある。
銭湯だと営業時間に限りがあるから。

で、先月から会社のお風呂が故障や修繕工事で使えない日が多く、この1ヶ月はほとんどまともに沸いていない。
こうなると、寮に住んでいる乗務員はお風呂に入れないわけで、大変。
銭湯に行くために早く仕事を切り上げたり、お湯が出ないから水でシャワーしてみたり。

重油ボイラーの故障、脱衣場の床張替え工事、重油タンクと営業車の接触事故、給水管の破損などなど・・・
ま、一部不運な事故(っていうか恥ずかしい事故)も含まれているけど、原因がなんであれお風呂に入れないのは同じ。
私は自宅から通勤しているので、無事お風呂に入れていますけどね。

で、よく考えたら、我が社には20tも入るLPGのタンクがあって、LPGをタンクローリー買いしてるわけね。
もちろん、タクシーの燃料としてだけど。
そうするうと、最近テレビでエネファームにしたからローストビーフたべちゃう人のコマーシャルやってますけど、まさにピッタリなんじゃないか?って。
安く仕入れているガスを使って電気を作りつつお湯を沸かし、売電しながら24時間入れるお風呂を実現可能なんじゃ?って。

従業員から搾り取ることばっかり考えてないで、必要な投資をして儲けるところは儲けてもらわないとなー。
で、総務の人にそれとなくコジェネやらないのか聞いてみたら「次はそうしようと思ってる」って回答だった。
次って(笑) すぐやらないと、どんどん得しそこなってるんじゃないの?

前へ

会社からの貸切契約での手数料について

次へ

手数料問題、間も無く1年