一見さんお断りって、よく出来たシステムなんだな

一見さんお断り。
京都のお店にあるというシステム。
その言葉は有名ですよね。

自分ではそういうお店に行ったことがない(と思う)のでわからないけど。

最近、ネットで見かける

とある国籍の方が予約をとるだけとってドタキャンするので経営の危機

みたいな話は、一見さんお断りなお店では起こらないですよね。
だって、それは紹介してくれた誰かの顔を潰す行為だから。

お店にしたら、飛び込みのお客さんをお断りしてでも守りたい物があるわけです。
支払いに関する信用もそう。
お店の雰囲気もそう。
常連さんたちが長年かけて作り上げてきたお客さん間の関係とか。

一見さんお断りまで行かなくてもいいんだけど、食べログみたいな匿名の客が一方的に評価をつけるサイト経由の予約は断ってもいいんじゃないかな?って思うよ。
お客は店を、店はお客を評価できるっていうシステムが必要よね。
評価の高いお客さんの評価は重いし、評価の低いお客さんの評価は軽い。
そういうサイトがどんどんできてくれば(二股かけつつドタキャンを繰り返している一部の客には都合が悪いかもしれないけど)いい店といい客が幸せになれるんじゃないかな。

と、Facebookで知り合ったゲストハウスオーナーさんの話を思い出しつつ、ネットでミシュラン2つ星のお寿司屋さんが困っている記事を読みつつ、ヤマト運輸の日時指定便を待っている間に記事を書いています。

前へ

PiTaPaからSmart ICOCAへの移行

次へ

Fire TV Stickに移行しました