京都の観光地に自家用車で来ることについて

シルバーウィークに仕事で京都市内を車で走っていたら、案の定の大渋滞。
まぁ、観光地にはそれだけの自家用車を格納する駐車場がないし、結果早い者勝ちというか運が良ければ停められますみたいになっていて、「ひょっとしたら自分は停められるんじゃないか?」って思っている人が押し寄せて車が動けなくなっている感じね。
混雑すれば、駐車場から出る車もなかなか出れなくて、結果次の車もなかなか入れなくて、ますます(以下略)

その渋滞のあおりを受けてタクシーやバスもなかなか進めないって事になって、ちゃんと車を郊外に置いて来た人とかそもそも電車などで来た人も報われないのよね。
これって、ものすごい経済損失だと思う。

前から何度かここに書いているけど、四条通りの歩道を広げるのより先に、京都の観光地に自家用車で入るのにはお金がいるようにするかしないと、この問題は解決しないと思うね。
特定のエリアに入るには、許可証が必要とか。
例えばだけど、1日1台20,000円とか。
京都市にふるさと納税で20万円以上収めれば、年間パス発行しても良いんじゃない?

お寺の拝観料に課税するのは怒られたけど、自家用車の流入に課税してもお寺は怒らないと思うよ。

前へ

Amazonプライム・ビデオってどうなんだろう

次へ

AppleTVが不調