どうして今なのかな?誰も気がつかなかったの?

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラムというものが発表されました。
シリアル番号のある範囲にあるiPhone 6 PlusのiSight Cameraに不具合があって、撮影した画像がぼやけて見えるっていうんですね。

まずは試しに、手持ちのiPhone 6 Plusのシリアル番号を入力して、チェックしてみました。
ばっちり該当しています。

では、今までちゃんと撮れていると思っていた画像は、実はぼやけていたのか?って事になり、自分の目とアップルのどっちを信じるんだって事態に発展するわけですね(笑)

年齢的にも老眼が入ってきている自分の目は、実は結構信頼性が下がっている気もするわけで・・・

しかし、iPhone 6sが発表されようかという時期になってのこの発表。
今まで気がつかないレベルの、「実はきちんと調べてみたらぼやけている事が判明しました」って話なら、私の老眼機能付きの目ならなおさら気がつかなかった可能性もあるわけです。
なので、現状困っているわけでもないし、ネット上にビフォーアフターな画像比較なんかが出てきて、

あー、これなら俺のはぼやけてないわ

なのか、

あー、これなら俺のも該当かも?

なのかが判明したら考えようかな?って思っています。

今までの経験上、アップルストアにいったらさっくり交換用中古品とチェンジって気がするので、バッテリーの劣化をリセットできるならそれはそれで嬉しいとも思うし、できる事なら交換したいわけです。
でも、わざわざ予約して心斎橋まで行って、ジーニアスなお兄さんに「あー、これは問題ないですねー。さようなら」って言われるのはちょっと・・・だしねぇ。

続報をお待ちしております。

前へ

2015/08/14 天下一品の唐揚げ定食とサーティワンのスモールダブル

次へ

だから同意書なんてやめとけばいいのにね