黄色信号で止まれるか?

普段、タクシーの運転手として車で走っていると、結構危ない運転をしている人が多い事に気付きます。
そんな道路でよく見る光景とかを書いてみようかなと 思い立ちました。

第一回は、黄色信号について。

信号は、青から黄色を経て赤に変わるということは、皆さん知っていますよね?
世間では、黄色は止まらないって感じの人、結構います。
いわゆる信号無視ですね。

停止線を超えて進行して良いのは、青信号かつ交差点の先が空いていて自身が交差点内で停止してしまわない時だけです。
黄色信号で交差点に進入出来るのは、停止線の手前で安全に停止する事が出来ない場合に限られます。
つまり、黄色信号で交差点に進入して行く車は、ブレーキがあまり効かない安物もしくは整備不良か、運転手の反射神経が鈍くて鈍臭いか下手くそか、とにかく格好が悪い話なんです。

私は、あれは止まれるかどうか試されていると考えています。
そう思えば、結構止まれますよ。
かっこ良く、安全な運転をしましょう!

前へ

パパのお弁当 2012-02-15

次へ

原発再稼働について思ったことを書いておこう