ジーニアスバー、最高!

本日、朝から大阪は心斎橋まで出かけてきました。
そう、先日置き忘れたら持ち去られてMobileMeでGPS追跡したら川に捨てられてしまったiPhone4の修理をしてもらうために、心斎橋にあるApple Storeに行ってきたのです。

予約は朝の09:00。
とにかく朝一番が良いと思って、学校に行く娘と一緒に家を出ました。
その時点では、まだ動作するiPhone4を機内モードでiPod Touchにして。
実はその必要はなかったのですが、最後の同期からあとにSMSやらMMSを受信してしまうと、そのメールは旧iPhone4と共に回収されてしまい、失われるのではないかと思ったからです。

さて、地下鉄東西線・JR琵琶湖線・JR京都線・地下鉄御堂筋線と乗り継いで、心斎橋に着きました。
実は、心斎橋って生まれて始めて降り立ったかも。
で、南の改札から出て、地上に出たら大丸さんの前でした。
もう少し南にいったら、そこにあります Apple Store 心斎橋。

で、店の前についてビックリ。
開店は10:00からと書いてあり、店内は清掃中です。
あれれ?と思って覗き込んでいると、スタッフの方が気がついてくれて、予約の名前を確認してくれて、入れてくれました。
予約の09:00になると、ジーニアスバーのスタッフが登場。
やさしそうなお兄さんです。

どうされました?って聞かれたので、かくかくしかじかなんです・・・と説明しました。
話を聞きながらイヤホン穴とドック穴の水没センサーを確認して下さいました。
運よく?なのか、イヤホン穴のセンサーは反応していましたが、ドック穴のセンサーは反応していなかったようです。

お兄さんは、私の話を聞いて泣きながら(ウソ)、事情が事情ですしセンサーも1つだけなので、今回は無償で交換させていただきますと言ってくれました。
無償で交換させていただきます
なんてすばらしい響きでしょう。

その場でアクティベートしてくれたので、とりあえず電話とネット端末としては利用可能になりました。
ここでわかったのですが、バックアップから復元ではなく同期で戻せば、最終の同期のあとに受信したSMSなども失わずに復帰できるのだそうです。
というわけで、家に着いたので、同期による復元を行い、元通りの壁紙を見て喜んでいる次第です。

水没センサーという血も涙も無いシールも、ジーニアスバーのお兄さんによって血も涙もある対応になりました。
ありがとう、お兄さん。

前へ

パパのお弁当 2011-01-13

次へ

パパのお弁当 2011-01-14