マタニティ日記/その18 出るに出られなくなっていた我が娘

11月22日 出産予定日について

出産予定日は11月20日。しかし、多少下腹に張りは感じるものの、特に陣痛らしき痛みはやってこない。元々、「1週間は遅れるはず」 とは言われていたが、子供も大きくなりすぎていた為早めに産まれるであろうという、期待は見事に外れてしまった。

そして、11月21日、妊婦検診に行って、実際に子供と私の骨盤の大きさを確認する為、レントゲンを撮った。な・・・なんと、恐れていた事が実際に起こってしまったのである。腹の中で大きく育った我が娘は、もう骨盤の穴より大きくなり、出るに出られなくなってしまっていたのであった。要するに、頭がひっかかって出られないのだ。そりゃいつまでたっても子供がさがってこないはずである。

あれだけ苦労して1日に2時間近くも歩き、子供をさげようとした私の努力をどうしてくれるんだ、という感じ。というわけで、来週帝王切開術を受けることになった。手術室で仕事をしていた時は、特に何も思わず帝王切開術の介助をしていたものだが、自分がその手術を受けるとなると、また別の感慨がある。術後は傷が痛むだろうな・・・とかね。

出産まであと1週間と決まったが、入院中のできごと、手術中のできごとも体験レポートしますので、乞うご期待。

前へ

パパ日記/その07 やっと産まれそう

次へ

うまれました